どうぶつのかわいいニュースや面白いニュースを紹介します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by doubutsunews
 
[スポンサー広告
犬の熱中症、例年の2倍以上…対策グッズ人気
犬の熱中症、例年の2倍以上…対策グッズ人気1

今夏の猛暑。汗腺が発達していない犬たちも、熱中症と無縁ではない。例年の2倍以上の犬が熱中症で運ばれる動物病院もあり、広島では迷い犬が路上で死ぬケースも。9月も残暑が続くと予想されており、獣医師らは「予防を心掛け、異変を感じたら病院に」と注意を呼びかける。

兵庫県明石市の県獣医師会夜間救急動物病院。熱中症の犬を診るケースは、疑い例も含めてひと夏10件程度だが、今年は8月中旬までに約20件。広島県三原市では15日夕、迷い犬とみられるフレンチブルドッグが道路脇で倒れているのが見つかり、熱中症で死んだ。

アニコム損害保険(東京)によると、今年7月、犬の熱中症で、ペット保険「どうぶつ健保」給付請求が107件(昨年83件)あった。

同病院によると、犬はほとんど汗をかけないため、息を吐き出すことでしか体温調節ができない。炎天下で体温が急激に上がれば、意識障害を起こして死ぬこともある。特にパグなど、鼻が低く、気道の狭い「短頭種」や、肥満の犬は効率的な空気交換ができず、危険性がより高い、という。

同病院の浜谷泰孝獣医師は「息が落ち着かない時や、飼い主がいつもより体温が高い、と感じたら注意して」と話し、▽全身を水でぬらす▽エアコンで室内を27~28度に保つ▽ペット用の冷却グッズを活用する――などの対策を取るよう勧める。

ペット用品を通信販売する「新日本カレンダー」(大阪市東成区)では、吸熱効果の高いジェルをアルミ板で包んだクールマット、ぬらして着せる服やバンダナなど、冷却グッズの売り上げが7月だけで約3000万円(前年の1・7倍)に上ったという。
(2010年8月30日 読売新聞)

引用元:Yomiuri Online
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
1年以上行方不明だったネコ、4000キロ離れたNYで保護
1年以上行方不明だったネコ、4000キロ離れたNYで保護1

【ニューヨーク山科武司】昨年5月に米カリフォルニア州サンフランシスコでいなくなった盲目の黒ネコが今年7月下旬、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護され、「どうやって来たの?」と話題を呼んでいる。

このネコ、生後3カ月でサンフランシスコの動物虐待防止協会に兄弟ネコの「ジム・ビーム」と一緒に収容され、「ジャック・ダニエル」と命名された。ウイルス性疾患で目がほとんど見えず、2匹そろって篤志家にもらわれるはずだった。だがジャック君は施設から突然消え、何者かが連れ去ったとみられていた。

ところが7月31日、マンハッタン北部ハーレムをのんびり歩いていた野良ネコが保護され、埋め込まれたマイクロチップからジャック君と判明。詳報したサンフランシスコ・クロニクル紙は「ジャックが話せるなら、すべてを説明できるだろうが、ジャックはただ『ミャーオ』と鳴くだけだ」と伝えた。

引用元:毎日.jp
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[ねこ
金色のトノサマガエルに人気―男鹿水族館
金色のトノサマガエルに人気―男鹿水族館1

男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀)で、展示中の“金色”のトノサマガエル=写真=が、来館者の目を引いている。

潟上市の男性から先月末、「水田で珍しいカエルをつかまえたので見てもらいたい」との連絡があり、同館の職員が確認したところ色素を持たない「アルビノ」と分かった。

当初は3匹いて今月上旬から展示していたが、餌付けに成功し残ったのは1匹のみ。同館によると、アルビノは天敵に見つかりやすく、紫外線にも弱いため生き残るのが難しいという。

同館で引き取ったときは体長1センチほどだったが、現在は3センチほどに成長。同館では「カエルは『無事帰る』など縁起物にされている。その中でも珍しいアルビノなので、何かいいことがあるのでは」と期待している。
(2010/08/29 10:23 更新)

引用元:秋田魁新報

関連サイト:男鹿水族館GAO
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[カエル
2年ぶりに双子のパンダ誕生、アドベンチャーワールド
2年ぶりに双子のパンダ誕生、アドベンチャーワールド1

和歌山県白浜町のサファリパーク「アドベンチャーワールド」は12日、同園生まれのジャイアントパンダ「良浜」(ラウヒン、9歳)が雄と雌の双子を出産したと発表した。同園では2年ぶりのパンダの赤ちゃん誕生で、この約10年間で12匹が生まれている。赤ちゃんの公開は秋ごろの予定。

双子が誕生したのは11日で、午前7時44分に雄、午前8時3分に雌が生まれた。雄は全長21センチで体重158グラム、雌は全長19センチで体重123グラム。赤ちゃんとしては標準的な大きさという。母子ともに元気で良浜は双子に授乳を始めている。

3月に雄の「永明」(エイメイ、17歳)と良浜の間で自然交配が成功し、出産が期待されていた。良浜は7月20日ごろから食べる量が減り、睡眠時間が長くなったため展示を控えていた。8月10日には落ち着きがなく歩き回り始めたため、出産が近いと判断したという。

良浜は2000年9月、同園で初めて誕生したパンダ。2年前に永明との間に雄の永浜(エイヒン)と雌の梅浜(メイヒン)の双子を産んでいる。

同園では今回を含めて12匹が誕生し、このうち11匹が育っている。双子は5組目。

現在、同園にいるパンダは永明、良浜、明浜(3歳雄、メイヒン)、愛浜(3歳雌、アイヒン)、永浜、梅浜と今回の双子の計8匹。国内最多の飼育数となっている。

同園の石川唯史広報担当(44)は「双子の赤ちゃんの順調な成長を温かく見守ってください」と話している。

吉報に喜ぶ白浜
 盆の観光客でにぎわう白浜町の観光関係者らは、この吉報に大喜び。白浜観光協会の中田力会長は「白浜がパンダの町であることを証明したもの。素晴らしい功績」と感激した様子。水本雄三町長は「明るく元気にすくすく育ってほしい。うれしい限りです」と話した。

【〈上〉赤ちゃんを抱く母親パンダの良浜▽〈下〉双子の赤ちゃんパンダ(11日、白浜町で)=アドベンチャーワールド提供】
(2010年08月12日更新)

引用元:紀伊民報
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[パンダ
白うさぎのもっちー、駅長デビュー 山形鉄道
白うさぎのもっちー、駅長デビュー 山形鉄道1

山形鉄道は1日、フラワー長井線宮内駅(山形県南陽市)を有人駅に戻すのを記念して、白ウサギ「もっちー」を駅長に任命した。

ウサギの駅長は、地元の神社の「白ウサギを見つけると幸せになれる」との言い伝えにちなみ、観光客らに喜んでもらおうと実現。新入社員の松山愛さん(29)が、営業会議でアイデアを提案した。

もっちーは、改札のそばに設置したケージで乗客を出迎える。自宅でもっちーの面倒もみることになる松山さんは「2人で駅を盛り上げたい」と意気込んでいた。

引用元:MSN産経ニュース

他の画像:
白うさぎのもっちー、駅長デビュー 山形鉄道2 白うさぎのもっちー、駅長デビュー 山形鉄道3 白うさぎのもっちー、駅長デビュー 山形鉄道4 白うさぎのもっちー、駅長デビュー 山形鉄道5 白うさぎのもっちー、駅長デビュー 山形鉄道6

関連ブログ:フラワー長井線日誌
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[うさぎ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。