どうぶつのかわいいニュースや面白いニュースを紹介します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by doubutsunews
 
[スポンサー広告
ペットと飼い主たち、そっくりペアが集結!
ペットと飼い主たち、そっくりペアが集結1

米CNNが展開する読者投稿型サイト「iReport.com」では、顔や表情、性格がよく似たペットと飼い主の写真を特集している。ペットは飼い主に似るとよく言うけれど、見ていると妙に納得する写真ばかり。

リンク先の記事で、その写真をご紹介する。

引用元:CNN.co.jp
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[未分類
中国で「カラー犬」流行、健康を疑問視する声も
中国で「カラー犬」流行、健康を疑問視する声も1

北京(CNN) パンダそっくりの姿をした「カンフー」は、一躍北京の街のセレブ犬になった。目の周りと耳、4本の足を黒く染め、それ以外の部分は脱色して白い毛に。飼い主の夫婦は、パンダが大好きなので飼い犬を変身させることにしたと話す。

中国ではカンフーのような犬のヘアカラーが流行している。パンダ柄や虎模様、上海万博のマスコット「ハイバオ」風に青く染めた犬もいる。北京中心部のペットスパでは白いプードルがビキニ姿に染められ、隣にいた同店の飼い犬「ラファエロ」は、漫画に出てくる亀の忍者に似せて毛をそり落とし、緑色に染められていた。

こうした風潮を疑問視する声もある。北京で動物病院を経営する専門家は、中国で使用されている染料の多くについてペットへの安全性が検証されていない可能性もあると指摘、染料が皮膚から吸収されたりペットが身づくろいして飲み込んだりしてしまえば、命にかかわりかねないと警鐘を鳴らす。

ブリーダーが子犬や子猫を染めることもあるといい、ペン氏が診察した白黒の子猫は高値で売るためシャム猫風に染められて具合が悪くなり、入院して治療を受けたという。こうした流行の背景には、収入増加でペットにお金をかける飼い主が増えたこともあると同氏は話す。

北京のペットスパで飼い犬をバラの花びらのローズスパに入れさせていた飼い主は、カラーリングには反対の立場。飼い犬の毛を染めるつもりは全くないという。この飼い主は「犬が本当に喜んでいるのか、健康に問題はないのか、どうして分かるのか」と疑問を投げ掛ける。

これに対して先のスパ経営者は、カラー製品はすべて検査で安全性を確認済みだとして、「ペットは褒めてあげれば人間の表情から自分の可愛さを認識し、幸せを感じる」と主張している。



引用元:CNN.co.jp
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
ミドリガメ駆除で佐賀城のお堀のハス復活
ミドリガメ駆除で佐賀城のお堀のハス復活1

3年前にハスが全滅した佐賀城公園(佐賀市)の南堀に今夏、再びハスの花が咲いた。

原因とされた外来種のミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)の駆除などに取り組んできた住民らの活動が実った。

住民などでつくる「佐賀城公園ハス再生実行委員会」事務局長の永原光彦さん(67)は感慨深げだ。

ハスが再生したのは、佐賀城公園の南堀の1区画約800平方メートル。

ハスはかつて、公園の北、西、南を囲む外堀11万平方メートルの全域に自生していたが、20年ほど前から減り始め、2007年秋に全滅した。

堀には捨てられたミドリガメが繁殖。「茎がかみ切られたような葉を見た」との証言などから、カメの食害が原因との見方が強まり、昨年5月、佐賀県や佐賀大、佐賀市、住民が同実行委をつくり、再生に乗り出した。

今年3月、土のうで堀の水をせき止め、約50年ぶりに南堀の水を抜いた。そのうえで、四方を網で囲った区画(隔離区画)と、同じ面積で網のない対照区画を設置し、住民たちが堀の中を清掃。近くの小学校の児童が育ててきたハスの苗を50株ずつ植え、再び水を入れて様子を見守った。7月にはサバの切り身を仕掛けたカニかご50個を沈め、半月かけて201匹を捕獲した。

その結果、網で覆った区画の水面は浮き葉や立ち葉が茂り、8月3日に開花。対照区画には葉も生えなかった。実行委は「原因はミドリガメの食害だとほぼ証明された」と結論付けた。

永原さんは「今回の取り組みで要領が分かった。隔離区を拡大していくことはできるはず」と、往時の風景の復活に自信を見せる。(遠藤信葉)
(2010年8月25日18時44分 読売新聞)

引用元:Yomiuri Online
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[カメ
池袋のサンシャイン国際水族館、31日で休館
池袋のサンシャイン国際水族館、31日で休館1

昭和53年、日本で初めて都心の高層ビルの屋上に登場し、話題を集めた東京・池袋のサンシャイン国際水族館が31日の営業終了後、休館する。ラッコブームの火付け役にもなったが、競合する水族館が相次いで開業し、入館者数が低迷。起死回生を目指し、全館を大幅に改装して来年夏、新水族館として再出発する。

開業以来の来館者数は計3500万人。開業当時、関東地方で水族館は珍しく、2年目には入館者数130万人を突破した。ピークはラッコを公開した翌年の85年で、約170万人だった。

一方、80年代後半以降、関東周辺に葛西臨海水族園、八景島シーパラダイスなど競合する娯楽施設が相次ぎオープン。展示する生物も横並びとなり、昨年の入館者数はピーク時の半分以下の約70万人に落ち込んだ。

引用元:MSN産経ニュース

関連サイト:サンシャイン国際水族館 営業最終日特別イベント
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[未分類
警察犬「ウイン号」、枕カバーの臭いで不明男性発見
警察犬「ウイン号」、枕カバーの臭いで不明男性発見1

福岡県警は27日、行方不明になった高齢者を山中から見つけ出したとして、警察犬「ウイン号」(雄、2歳)と鑑識課警察犬係の吉留康正警部補(57)、中村悠太巡査長(27)に生活安全部長賞を授与した。

ウイン号は19日、前日に外出して行方不明になった男性(77)の捜索に出動。男性の枕カバーのにおいを基に、最後に目撃された久留米市の山のふもとから約750メートルの竹林に倒れているのを発見した。

表彰式で白石幸一・生活安全部長が吉留警部補、中村巡査長に表彰状を授与。「発見が遅れれば生命の危険もあった。功労は大きい」とたたえ、ウイン号には好物の牛のあばら骨約20キロが渡された。

吉留警部補はウイン号に代わり、「発見した後、男性の家族が涙ながらにお礼を言って体をなでてくれたのがうれしかった」と笑顔で話していた。
(2010年8月28日17時12分 読売新聞)

引用元:Yomiuri Online
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。