どうぶつのかわいいニュースや面白いニュースを紹介します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by doubutsunews
 
[スポンサー広告
中国で「カラー犬」流行、健康を疑問視する声も
中国で「カラー犬」流行、健康を疑問視する声も1

北京(CNN) パンダそっくりの姿をした「カンフー」は、一躍北京の街のセレブ犬になった。目の周りと耳、4本の足を黒く染め、それ以外の部分は脱色して白い毛に。飼い主の夫婦は、パンダが大好きなので飼い犬を変身させることにしたと話す。

中国ではカンフーのような犬のヘアカラーが流行している。パンダ柄や虎模様、上海万博のマスコット「ハイバオ」風に青く染めた犬もいる。北京中心部のペットスパでは白いプードルがビキニ姿に染められ、隣にいた同店の飼い犬「ラファエロ」は、漫画に出てくる亀の忍者に似せて毛をそり落とし、緑色に染められていた。

こうした風潮を疑問視する声もある。北京で動物病院を経営する専門家は、中国で使用されている染料の多くについてペットへの安全性が検証されていない可能性もあると指摘、染料が皮膚から吸収されたりペットが身づくろいして飲み込んだりしてしまえば、命にかかわりかねないと警鐘を鳴らす。

ブリーダーが子犬や子猫を染めることもあるといい、ペン氏が診察した白黒の子猫は高値で売るためシャム猫風に染められて具合が悪くなり、入院して治療を受けたという。こうした流行の背景には、収入増加でペットにお金をかける飼い主が増えたこともあると同氏は話す。

北京のペットスパで飼い犬をバラの花びらのローズスパに入れさせていた飼い主は、カラーリングには反対の立場。飼い犬の毛を染めるつもりは全くないという。この飼い主は「犬が本当に喜んでいるのか、健康に問題はないのか、どうして分かるのか」と疑問を投げ掛ける。

これに対して先のスパ経営者は、カラー製品はすべて検査で安全性を確認済みだとして、「ペットは褒めてあげれば人間の表情から自分の可愛さを認識し、幸せを感じる」と主張している。



引用元:CNN.co.jp
スポンサーサイト
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
警察犬「ウイン号」、枕カバーの臭いで不明男性発見
警察犬「ウイン号」、枕カバーの臭いで不明男性発見1

福岡県警は27日、行方不明になった高齢者を山中から見つけ出したとして、警察犬「ウイン号」(雄、2歳)と鑑識課警察犬係の吉留康正警部補(57)、中村悠太巡査長(27)に生活安全部長賞を授与した。

ウイン号は19日、前日に外出して行方不明になった男性(77)の捜索に出動。男性の枕カバーのにおいを基に、最後に目撃された久留米市の山のふもとから約750メートルの竹林に倒れているのを発見した。

表彰式で白石幸一・生活安全部長が吉留警部補、中村巡査長に表彰状を授与。「発見が遅れれば生命の危険もあった。功労は大きい」とたたえ、ウイン号には好物の牛のあばら骨約20キロが渡された。

吉留警部補はウイン号に代わり、「発見した後、男性の家族が涙ながらにお礼を言って体をなでてくれたのがうれしかった」と笑顔で話していた。
(2010年8月28日17時12分 読売新聞)

引用元:Yomiuri Online
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
犬の熱中症、例年の2倍以上…対策グッズ人気
犬の熱中症、例年の2倍以上…対策グッズ人気1

今夏の猛暑。汗腺が発達していない犬たちも、熱中症と無縁ではない。例年の2倍以上の犬が熱中症で運ばれる動物病院もあり、広島では迷い犬が路上で死ぬケースも。9月も残暑が続くと予想されており、獣医師らは「予防を心掛け、異変を感じたら病院に」と注意を呼びかける。

兵庫県明石市の県獣医師会夜間救急動物病院。熱中症の犬を診るケースは、疑い例も含めてひと夏10件程度だが、今年は8月中旬までに約20件。広島県三原市では15日夕、迷い犬とみられるフレンチブルドッグが道路脇で倒れているのが見つかり、熱中症で死んだ。

アニコム損害保険(東京)によると、今年7月、犬の熱中症で、ペット保険「どうぶつ健保」給付請求が107件(昨年83件)あった。

同病院によると、犬はほとんど汗をかけないため、息を吐き出すことでしか体温調節ができない。炎天下で体温が急激に上がれば、意識障害を起こして死ぬこともある。特にパグなど、鼻が低く、気道の狭い「短頭種」や、肥満の犬は効率的な空気交換ができず、危険性がより高い、という。

同病院の浜谷泰孝獣医師は「息が落ち着かない時や、飼い主がいつもより体温が高い、と感じたら注意して」と話し、▽全身を水でぬらす▽エアコンで室内を27~28度に保つ▽ペット用の冷却グッズを活用する――などの対策を取るよう勧める。

ペット用品を通信販売する「新日本カレンダー」(大阪市東成区)では、吸熱効果の高いジェルをアルミ板で包んだクールマット、ぬらして着せる服やバンダナなど、冷却グッズの売り上げが7月だけで約3000万円(前年の1・7倍)に上ったという。
(2010年8月30日 読売新聞)

引用元:Yomiuri Online
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
ソフトバンクCMのお父さん役、犬のカイ君、子どもと初対面
ソフトバンクCMのお父さん役、犬のカイ君、子どもと初対面1

携帯電話のCMで「お父さん」役として活躍する北海道犬のカイ君(6歳)が2児の父となり、11日、古里の北海道むかわ町で子どもと初対面した。

子どもは雄と雌で、先月、ピリカ(9か月)との間に生まれた。毛色は両親と同じく真っ白。体長は約30センチ、体重約1・5キロ・グラムで元気に育っている。

子どもたちと初対面したカイ君は少し緊張気味。恐る恐る鼻を近づけて、においをかぎながら、しっぽを振っていた。

公募で雄は「そら」、雌は「ゆめ」と名付けられた。カイ君が所属する湘南動物プロダクション(東京都)の坂本篤煕(あつひろ)社長は「本当の『お父さん』としての仕事も頑張って」と話していた。
(2010年7月12日14時08分 読売新聞)

引用元:Yomiuri Online
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
おっさんみたいな恰好でTVを観る犬、「かわいい」
おっさんみたいな恰好でTVを観る犬、「かわいい」

YouTubeに投稿されている数多の動画の中でも、高い人気を誇る動物モノ。とりわけペットの犬や猫を撮影した動画はその数が多いだけでなく、その愛らしさから瞬く間に世界的な人気となることも珍しくはない。8月1日に投稿された「English Bulldog watching TV (Family Guy) sitting on a couch」(http://www.youtube.com/watch?v=m8rxXamfh5c)も、いま、ちょっとした話題を呼んでいる動画のひとつだ。

この動画は、撮影者が飼っているメスのブルドッグを映したもの。ブルドッグはソファーに座り、テレビのほうを見つめているのだが、その座り方や、あまりにもジッとしている姿が「人間のようだ」と評判を呼んでいるのだ。

動画はブルドッグが人間のようにソファーに腰をかけている(上体を起こしている)シーンが収められている。背もたれに身をゆだねながら、肘置きに左前足をかけて大人しく座っている姿は、何とも犬らしくない。また、正面から映したシーンでは、立て膝を付いて右前足を股の間にだらんと垂らしているような格好で、人間がリラックスしてテレビを観ているようにも見える。

投稿されたのは1か月近く前だが、現在の再生回数はすでに100万回を突破。コメント数も1,600件を超えており、「なんて素晴らしいビデオなんだ」「進化した犬」「かわいい!」などのコメントがズラリと並んでいる。もちろん、中には「(撮影者が)セッティングして撮っただけじゃないか」との手厳しい声もあるが、100万回超の再生回数が示す通り、単純にその姿に愛らしさを感じた人が多いようだ。



引用元:ナリナリドットコム
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[いぬ
| HOME | 前>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。