どうぶつのかわいいニュースや面白いニュースを紹介します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by doubutsunews
 
[スポンサー広告
猫がさわられる前からゴロゴロ言っている件について
猫がさわられる前からゴロゴロ言っている件について1

我が家に定期的に通ってくる猫は、撫でられるのがとても好きな猫で、撫でるとすぐにゴロゴロと喉を鳴らす。

洗濯物でも干そうかと庭に出た途端に飛んできては「ニャー(撫でて撫でて)」と 、小首をかしげるように見上げてアピールしてくるので、 もはや撫でるのが毎日の習慣になっているわけなのだが、最近、撫でようと手を伸ばすと、手を見ただけですでにゴロゴロ言いはじめていることに気がついた。

「猫は気持ちがいい時にゴロゴロ言う」のは有名な話だが、それって、もう撫でられていることを想像して気持ちよくなっているということなのだろうか?

他の猫はどうなのだろうかと、さっそく周囲の愛猫家たちに聞いてみると、中には「うちの猫はどうもゴロゴロ言うのを負けだと思っている節があり、ついゴロゴロ言ってしまってはハッとやめる」というなんとも漢らしい猫もいたが、おおむね「飼い主の顔を見るだけでゴロつきまくる」程度にはゴロゴロ言いまくっているようだった。

そこで、以前コネタでも触れた『猫毛フェルトの本』、『もっと猫毛フェルトの本』(飛鳥新社)の著者であり、猫の行動について考察するメールマガジン「猫のおきて」を発行するなど、猫的活動を精力的に行っている蔦谷香理さんに質問してみたところ、

「猫は気持ちいい時もそうですが、それを含む“機嫌がいい時”にゴロゴロ言います。そして具合が悪い時、傷ついた時、出産の時などにもゴロゴロ言うことがあります。これは逆に、ゴロゴロ言うことによって無事安心な精神状態を得ようとしているのではないか、と考えられます。 ご質問の“さわられる前からゴロゴロ言っている”ことについては、想像しているというよりは、優しくしてもらえるので、ご機嫌でゴロゴロ言っているのではないでしょうか」

とのこと。ちなみに、子猫時代に母親のお乳を飲みながらゴロゴロ言うのが、猫のゴロゴロのはじまりなわけだが、どのようにしてこの音を出しているかについては、未だ専門家によって議論されているらしく、デズモンド・モリス著『キャット・ウォッチング PartII』(平凡社)によると、ゴロゴロ言う音を咽頭で発するとみる「仮声帯説」と、大動脈から心臓に向かう血流が増すと、乱流が生じるのが原因とみなしている「血液乱流説」、2つの学説があるようだ。

閑話休題。猫がさわられる前からゴロゴロ言っている件について、猫に想像力があるのかは猫のみぞ知る、と言ったところだが、顔や手を見るだけでゴロゴロ言われたら「なんて愛い猫…!」と、ますます熱心に撫で撫でしてしまいそうです。
(磯谷佳江/studio woofoo)

引用元:エキサイトニュース
スポンサーサイト
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[ねこ

thema:かわいいものニュース - genre:ニュース


土下座するねこ
土下座するねこ1

猫の寝姿ってけっこうカワイイですよね。丸まっていたり伸びをしたりと、見ているだけで癒やされます。そんな猫の寝姿ですが、『土下座しながらねる猫』の動画が、インターネット上で注目を集めています。

この猫ちゃんの名前は『にゃんにゃあ』。ベランダの手すりに毛布が干されており、その上にまるで人間が土下座をするかのような姿で寝ています。手をしっかりと下に添え、おでこを地につけているこのスタイルはまさに『土下座』。これほど「申し訳ありませんでした!」というフレーズが似合う猫ちゃんは他にいないでしょう。

あまり手すりの幅が広くないので、寝ている間に落ちてしまわないか心配です。ちなみに飼い主さんが頭をなでると、飛び起きた後に顔を見て安心したのか、けだるそうな声で「にゃ~ん」と鳴きます。

以前にもPouchでは、『箱から飛び出る! ニャンダフルな猫ちゃん動画が人気』というニュースをお伝えしましたが、どの猫ちゃんも心が癒やされるほどカワイイですね。



引用元:エキサイトニュース

関連画像:
土下座するねこ2 土下座するねこ3 土下座するねこ4
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[ねこ

thema:かわいいものニュース - genre:ニュース


1年以上行方不明だったネコ、4000キロ離れたNYで保護
1年以上行方不明だったネコ、4000キロ離れたNYで保護1

【ニューヨーク山科武司】昨年5月に米カリフォルニア州サンフランシスコでいなくなった盲目の黒ネコが今年7月下旬、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護され、「どうやって来たの?」と話題を呼んでいる。

このネコ、生後3カ月でサンフランシスコの動物虐待防止協会に兄弟ネコの「ジム・ビーム」と一緒に収容され、「ジャック・ダニエル」と命名された。ウイルス性疾患で目がほとんど見えず、2匹そろって篤志家にもらわれるはずだった。だがジャック君は施設から突然消え、何者かが連れ去ったとみられていた。

ところが7月31日、マンハッタン北部ハーレムをのんびり歩いていた野良ネコが保護され、埋め込まれたマイクロチップからジャック君と判明。詳報したサンフランシスコ・クロニクル紙は「ジャックが話せるなら、すべてを説明できるだろうが、ジャックはただ『ミャーオ』と鳴くだけだ」と伝えた。

引用元:毎日.jp
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[ねこ
青森県初の猫カフェオープン
青森県初の猫カフェオープン1

お茶を飲みながら、気軽に猫とふれ合える県内初の“猫カフェ”「ぽんぽろ」が今月、青森市緑3丁目にオープンし、人気を呼んでいる。
かつて捨て猫だった猫たちが“スタッフ”として来店者を癒やしており、関係者は「動物を大切にする気持ちを持つきっかけになれば」と期待を寄せている。

ぽんぽろは、県内で捨て犬や捨て猫の譲渡会を行っているNPO法人「アニマル・サポート青森」の三浦弥生代表(56)が、捨て猫が後を絶たない現実に関心を持ってもらい、飼い主探しの拠点にしようと開設した。

店内は、10畳ほどのスペースにカーペットが敷かれ、同NPOが保護した猫たちが毎日7~8匹ずつ常駐。来店者はソフトドリンクを飲みながら、猫を抱いたりなでたりできるほか、猫に関する本を読んだりしてくつろぐことができる。

同店を訪れた、同市の工藤美絵さん(22)は「猫が大好きだけど、家では飼えないので、これまでは東京の猫カフェに行ったりしていた。
ここの猫はすごく人懐こくてかわいいし、地元にこういう場ができて本当にうれしい」と笑顔を見せた。
三浦代表によると、八戸市など遠方からの来店者も目立ち、猫を引き取りたいという人も現れたという。
同店は、売り上げの一部を捨て犬や捨て猫の保護費用として活用する予定。

三浦代表は「動物愛護の考えが広まるきっかけになれば。
大人だけでなく、子どもたちにも来てもらい、積極的に猫とのふれ合いを楽しんでほしい」と話している。
同店への問い合わせは電話017-752-1382へ。

引用元:東奥日報

他の画像:
青森県初の猫カフェオープン2 青森県初の猫カフェオープン3

引用元:青森市の猫カフェ「ぽんぽろ」ブログ - 子猫店長!
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[ねこ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。