どうぶつのかわいいニュースや面白いニュースを紹介します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by doubutsunews
 
[スポンサー広告
ミドリガメ駆除で佐賀城のお堀のハス復活
ミドリガメ駆除で佐賀城のお堀のハス復活1

3年前にハスが全滅した佐賀城公園(佐賀市)の南堀に今夏、再びハスの花が咲いた。

原因とされた外来種のミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)の駆除などに取り組んできた住民らの活動が実った。

住民などでつくる「佐賀城公園ハス再生実行委員会」事務局長の永原光彦さん(67)は感慨深げだ。

ハスが再生したのは、佐賀城公園の南堀の1区画約800平方メートル。

ハスはかつて、公園の北、西、南を囲む外堀11万平方メートルの全域に自生していたが、20年ほど前から減り始め、2007年秋に全滅した。

堀には捨てられたミドリガメが繁殖。「茎がかみ切られたような葉を見た」との証言などから、カメの食害が原因との見方が強まり、昨年5月、佐賀県や佐賀大、佐賀市、住民が同実行委をつくり、再生に乗り出した。

今年3月、土のうで堀の水をせき止め、約50年ぶりに南堀の水を抜いた。そのうえで、四方を網で囲った区画(隔離区画)と、同じ面積で網のない対照区画を設置し、住民たちが堀の中を清掃。近くの小学校の児童が育ててきたハスの苗を50株ずつ植え、再び水を入れて様子を見守った。7月にはサバの切り身を仕掛けたカニかご50個を沈め、半月かけて201匹を捕獲した。

その結果、網で覆った区画の水面は浮き葉や立ち葉が茂り、8月3日に開花。対照区画には葉も生えなかった。実行委は「原因はミドリガメの食害だとほぼ証明された」と結論付けた。

永原さんは「今回の取り組みで要領が分かった。隔離区を拡大していくことはできるはず」と、往時の風景の復活に自信を見せる。(遠藤信葉)
(2010年8月25日18時44分 読売新聞)

引用元:Yomiuri Online
スポンサーサイト
Posted by doubutsunews
comment:0   trackback:0
[カメ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。